[PR]

 首都・東京で、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。5日に都内で感染が確認された人は過去最多の143人に上り、感染者総数は1千人を突破。都は危機感を募らせ、緊急事態宣言を見据えて対応を急ぐ。感染症対応の「最前線」となる保健所でも人手不足が深刻だ。

 「緊急事態宣言では、法的な裏付けを持って感染拡大防止をできるようになる。政府には、迅速で適切な判断をしてもらえるよう確信しています」

 インターネットを使った5日夜のライブ配信。小池百合子知事は、緊急事態宣言が出されることに期待感をにじませた。この日の午前にも報道陣を前に「早期に決断していただきたい」などと述べ、政府に宣言発令を促す姿勢を見せた。

 都内での感染者が急増する中、都は緊迫感を強め、緊急事態宣言が出た場合を想定して対応を急ぐ。

 小池知事は3日にあった定例会…

この記事は有料会員記事です。残り1225文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1225文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1225文字有料会員になると続きをお読みいただけます。