[PR]

 誇張したメイクや衣装で踊りや歌を披露するドラァグクイーン。ふだん夜のクラブで大人の観客を沸かせるクイーンたちが、子どもたちの前で絵本の読み聞かせを始めた。男なの? 女なの? 突然現れた不思議な存在から、子どもが性の多様さに想像を膨らませてほしい、と願う。

 昨年10月、大阪市西成区のカフェバー。集まった48人の親子を前に、2人のクイーンが現れた。ぴちぴちの真っ赤なワンピース姿に、頭の2倍ほどあるツインテールのかぶり物をつけたベビーヴァギーさんと、ネコ風のメイクにティアラ姿のショコラ・ド・ショコラさんだ。

 2人が披露した絵本は、王子と王子が恋に落ち結婚するという、オランダ原作の「王さまと王さま」(2015年、ポット出版)。ヴァギーさんが読み、ショコラさんが挿絵を拡大した紙芝居をめくる。読み聞かせの合間には計6人のドラァグクイーンが登場し、歌に合わせ口パクで踊る「リップシンク」で沸かせた。

 大阪市の佐藤英(はんな)さん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース