AI×手塚治虫と美空ひばり 「谷」を越える境界線は?

有料記事

編集委員・堀篭俊材
[PR]

経世彩民 堀篭俊材の目

 17年前の4月7日、鉄腕アトムは生まれた。原作の設定によると2003年のこの日、科学省長官の天馬博士が、交通事故で死んだひとり息子にうり二つのロボット少年をつくりあげた。そのアトムがデビューして約70年になる今春、作者でマンガの神様と呼ばれた手塚治虫の作品が最新のテクノロジーでよみがえった。

 手塚治虫の作品を人工知能(AI)に学習させて生まれた新作「ぱいどん」。主人公のキャラクターは、二つのAIによって生み出された。

 一つのAIは手塚作品から画風を学習し、まねしたイラストを描く。もう一つのAIは本物かウソかを見分ける。師匠が弟子を鍛えるような作業を繰り返して、「マンガの神様」の画風に近づけようと試みた。

 AI同士が敵対関係にあるこ…

この記事は有料記事です。残り1550文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!