[PR]

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は6日、東京・大手町の大手町フィナンシャルシティにある本社勤務の社員1人が、新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表した。勤務していた階を消毒し、必要最小限の社員数で業務を続けているという。

 感染した社員は3月31日に体調不良を訴え、以降は出社していなかった。4月1日に検査を受け、4日に感染が判明したという。この社員と過去2週間以内に接触した顧客には連絡を済ませ、会社で接触した可能性のある社員については自宅待機にしている。