[PR]

プログラミング狂騒曲③

 大阪府豊中市のマンション1階にあるロボット・プログラミング教室「ロボ団」の豊中校。夕方になると近所の小学生が続々とやってくる。この日は指示通りにロボットが動くかどうかを試す授業。各自がパソコン上でプログラミングし、狙い通りにロボットが動き出すと、みんな興奮気味。「やった!走った」「すごい」――。

 学習塾と違うのは、子供が席に座って講師の話を受け身で聞く授業ではないこと。「主体的に前向きに学べる」とロボ団の教室長は胸を張る。

拡大する写真・図版ロボ団のロボット・プログラミングの授業。パソコンでプログラミングをして、手前の男の子が持つロボットを動かす=大阪府豊中市

 全国115教室を運営するロボ団を傘下に持つのは家電量販のエディオンだ。エディオンには自社直営のプログラミング教室が2校あるが、一気に規模を拡大しようと、ロボ団を運営する「夢見る」(堺市)を昨年12月、十数億円で買収した。

 いまはエディオン教育事業統括部長を兼ねる「夢見る」の重見彰則社長は傘下入りの理由をこう語る。「大手と戦うには資金面やブランド力で負ける。一匹狼(おおかみ)では天下が取れない、と思って」

 今後の開校計画のうち半分はエ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。