[PR]

 東京海上日動火災保険は6日、グループ会社の30代女性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。保険代理店向けのコールセンター業務などを担う東京海上日動コミュニケーションズの社員で、大阪市中央区の拠点に勤務していた。

 この社員は発熱して医療機関を受診し、4月5日に感染が判明した。最後に出勤したのは3月29日で、マスクをつけて仕事をしていたという。

 職場のフロアや共用部を消毒し、濃厚接触した可能性がある社員に対しては自宅待機を指示した。大阪の拠点は一時的に閉鎖し、東京の拠点が業務を引き継ぐという。(山下裕志)