[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相は6日夕の政府対策本部で、感染の有無を調べるPCR検査の体制を1日2万件へ倍増する方針を表明した。また、急増する感染者の対応に向けて、病床を現在の約2万8千床から約5万床まで確保を増やす考えを示した。

 首相は「感染者の急増に備え、重症者対策を中心とした医療体制の整備を急ぐ」と強調。重症者の治療に必要な人工呼吸器について、1万5千台を確保し、さらに増産するとした。

 また、今後感染者が増加した場合は軽症者は自宅で療養することを原則とし、家庭内で感染の恐れがある場合は、滞在できる施設を確保する方針も示した。施設は、民間ホテルのほか、東京五輪・パラリンピックで警察官らの派遣用に準備したプレハブ施設を緊急改修して活用するという。