[PR]

 武家屋敷や古い商家が残る美しい小道を抜けると、瀟洒(しょうしゃ)な姿が現れる。

 地元木材を使った木造平屋、瓦ぶきの擬洋風建築だ。1873(明治6)年にキリスト教禁止令が解かれたわずか16年後の89(明治22)年に建った。

 山あいの町がキリスト教という新思想を素早く受け入れたのはなぜなのか。

 21代目牧師を務める八木橋康…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら