[PR]

 朝日新聞社、毎日新聞社、日本将棋連盟でつくる名人戦実行委員会は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、8~9日に東京都文京区で予定していた第78期将棋名人戦七番勝負の開幕を延期することを決めた。

 2日間にわたる長時間の対局を支障なく行うためで、第4局として長野県高山村で予定していた5月19~20日の対局を開幕局にする方向で検討している。その後の日程、場所については決まり次第発表される。

 今期の名人戦は、初防衛を目指す豊島将之名人(29)=竜王とあわせ二冠=に、A級順位戦で9戦全勝を果たした渡辺明三冠(35)が挑戦する。4勝した方が第78期名人となる。

 両対局者のコメントは以下の通り。

 豊島名人の話 「延期は仕方ないことだと思う。この状況で兵庫から東京に移動して対局することには不安もあったので、ホッとしている。しっかり準備をして、メンタル面でも立て直して開幕に臨みたい」

 渡辺三冠の話 「1週間ぐらい前から延期の可能性があると思っていた。将棋を気兼ねなく楽しんでもらえる状況に、一日でも早くなってもらいたい。間が空くことになるが、立て直して開幕を迎えたい」