[PR]

 春の全国交通安全運動が6日始まった。徳島県庁正面玄関前広場で出発式があり、全国初導入の水素エネルギーで走るパトカーが披露され、白バイ隊とともに街頭での啓発活動に出動した。

 県内のディーラー4社から寄贈を受けたトヨタの燃料電池車「ミライ」をパトカー仕様に改造した。水素で電気を発生させて走り、停電時には信号機などへの給電もできる。県は水素エネルギーの普及啓発などに役立てることにしており、飯泉嘉門知事は「さまざまな活用法をさらに考案してもらえたら」と話した。(松尾俊二)