拡大する写真・図版「サウナを愛でたい」の14日放送回。番組ナレーターの壇蜜(写真中央)、ゲストのタレントおのののか(同左)、サウナーのさうな姫=BS朝日提供

[PR]

 サウナを取り上げる番組が増えてきた。汗をかきかき、水風呂でひんやり。ひとが「ととのう」ようすを画面越しに見ているだけ。でも、サウナ好きには、リラックス状態になって出演者たちの会話さえなくなる、そんな「余白」の時間まで楽しいらしい。

記事の後半で壇蜜さんにインタビューしています

 3月、東京・渋谷の銭湯「改良湯」で、3月31日からBS朝日で始まった新番組「サウナを愛(め)でたい」のロケが行われていた。

 サウナ愛好家(サウナー)がゲストとともに全国の人気サウナをめぐり、サウナの楽しみ方や魅力を伝えていく。この日は、普段は番組ナレーターを務める壇蜜が、実際にサウナに赴く回(14日放送)の収録だ。

 サウナの温度は90度。撮影時は温度差でカメラが曇らないよう、あらかじめレンズをサウナ内に入れておき、撮影の合間もドライヤーで温めておく。臨場感を出すため、水風呂の撮影はスマートフォンを風呂の中に入れて撮ることも。壇蜜はメイクを気にせず自らシャワーを頭にかけ、そのまま撮影に臨む。担当者は「メイクはどうせとれてしまうので、プロのメイクさんも入っていません」。

ありのままを映す

 入念に全身を洗い、サウナに入室、シャワーを浴びて、水風呂に入り、休憩へ。終了後のコメント撮影では、すっかりリラックスした壇蜜や他のゲストが「話し続けるのが難しい」と悩む一幕も。サウナーが大切にする一連の流れを番組ではありのままに映す。

拡大する写真・図版「サ道」BD・DVDボックス 好評発売中! BD-BOX 1万9千円(豪華版は2万1千円) DVD-BOX 1万5千円(豪華版は1万7千円) (C)「サ道」製作委員会

 番組は昨年3月から単発で放送。反響が良く、レギュラー化した。また昨年夏にはテレビ東京系で、日本サウナ・スパ協会任命「サウナ大使」でマンガ家のタナカカツキが書いたコミックを原作にしたドラマ「サ道」が放送され、サウナーの間で、究極のリラックス状態に入ったことを指す「ととのう」という言葉が広まった。WOWOWでも今年3月から、サウナーの俳優・磯村勇斗が本場フィンランドのサウナを訪れる番組「サウナーーーズ」を放送中だ。

 「スマホやネットに追いかけら…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら