[PR]

 諏訪地域の魅力を詰め込んだ駅弁が誕生した。元々は観光帰りに食べてもらおうと考えたが、新型コロナウイルスの広がりで観光客が激減。それならば、と作り手は地元の人たちにもアピール。「家飲みにもぴったり。諏訪の地酒と一緒に味わったら最高ですよ」

 弁当の名前は「また会おうね」を意味する諏訪の方言、「ほいじゃねェ」。正式な駅弁ではないので、諏訪弁と銘打った。なによりの特徴は諏訪の素材をぎっしりと詰め込んだこと。ワカサギの唐揚げ、川エビ煮付け、野沢菜入り揚げギョーザ、豚肉の諏訪みそ焼き、しみ豆腐、コイの甘酢あんかけ、カリンの寒天などを盛り付けている。

 製造するのは、諏訪市の上諏訪駅前にある食堂「いずみ屋」。経営者の宮坂友子さんによると、発端は近くのゲストハウス経営者にこう言われたこと。「『帰りに諏訪の弁当を』とお客さんが言ったとき、諏訪にはないなあと思った」。地元のラーメンチェーン経営者を交えて相談を重ね、実現にこぎ着けた。

 「中身はすごく考えました。諏…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら