[PR]

 総務省が7日発表した2月の家計調査で、2人以上の世帯の消費支出は前年同月より実質で0・3%少ない27万1735円だった。減少は5カ月連続。うるう年の影響を除いた試算では2・7%のマイナスだった。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、マスクや食料品への支出が膨らんだ一方、旅行や鉄道運賃への支出は減った。

 減ったのは、10ある品目分類のうち「教養娯楽」や「交通・通信」など5品目。なかでも国内パック旅行は4割近い落ち込みだった。

 一方で増えたのは、「食料」「保健医療」など5品目。トイレットペーパーは47・1%増だった。他にも消毒液やコメ、カップ麺などへの支出が目立った。

 新型ウイルスの感染拡大をめぐ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら