【動画】東京都が軽症者や無症状患者を療養させることを決めたホテル「東横INN東京駅新大橋前」に、自衛隊員らが物資を運び込んだ=遠藤啓生撮影
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都は7日、軽症者や無症状患者について、ホテル「東横INN東京駅新大橋前」(中央区)での受け入れを始める。同日午前、患者を療養させるホテルの室内を報道陣に公開した。

 同ホテルには合計約100人の患者が移送される予定で、7日は、まず十数人が入る。24時間を通して37・5度以上の熱がなく、呼吸器症状が改善している人が対象。本人の同意を得た上で、民間の救急車両を使って病院から移る。入所費は全額公費でまかなう。

 ホテルの入り口は、感染を防ぐため、患者が使う部分と、医療従事者や都職員、従業員が使う通用口に分けられる。食事は毎日、フロントで受け取る。職員らと接触しないよう、準備ができた段階で放送で知らせるという。

 日中は医者が1人待機する。夜間については、容体の急変などに備え、東京都医師会の協力を得て医師が電話対応できる態勢を整える。看護師2人は都立病院から派遣され、常駐する。1日1回電話で体調を確かめ、検温で異常があったときにも対応するという。

 都によると、患者にはホテル滞在中にPCR検査を実施し、2回陰性だった場合に退所させる方針という。

 感染の拡大が続く都内では、入院患者が1034人(6日時点)に上るなど、病床数が逼迫(ひっぱく)している。都は、重症者の病床の確保に向け、今後もホテルなどの借り上げを進め、軽症者や無症状患者の一時滞在施設として1千床の確保を目指している。(関口佳代子)