[PR]

 NHKの受信契約に関する情報を不正に入手し、拡散させると脅して業務を妨げたとして、警視庁は7日、前参院議員でNHKから国民を守る党(N国)の立花孝志党首(52)を不正競争防止法違反(営業秘密の領得)と威力業務妨害の疑いで書類送検した。関係者への取材でわかった。起訴を求める「厳重処分」の意見を付けたという。

 関係者によると、立花氏は昨年9月14日、東京都杉並区内で、受信料の徴収員だった無職男性(26)の業務用タブレット端末を動画で撮影し、19世帯分の住所や氏名など営業秘密の情報を不正に得た疑いがある。さらにNHKに対し、11月19日に「情報をまき散らす」と電話したうえで、同月下旬、情報が見えないように加工した動画をネットに投稿し、拡散防止のための対応に当たらせて業務を妨害した疑いがある。

 徴収員だった男性は受信料の徴収方法に不満を抱いており、立花氏の求めに応じて端末の情報を示したという。警視庁は男性も同法違反容疑で書類送検した。

 同庁はNHKから相談を受けて捜査を開始。3月14日には千葉県内の立花氏の事務所など複数の関係先を捜索し、本人らから任意で事情を聴いていた。

 立花氏は昨年10月にも、元N国の東京都中央区議に対する脅迫容疑で書類送検されている。