[PR]

 「緊急事態宣言まで名古屋飛ばし」。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が7日に出す意向の特別措置法に基づく緊急事態宣言で、愛知県が対象の7都府県に入っていないことがツイッターなどのSNS上で注目されている。

 「#名古屋飛ばし」は、有名歌手の全国ツアーなどが開かれない名古屋の状況を表す言葉で、SNSなどで度々話題になっていた。

 SNSでは、「感染者が多いのに大丈夫なんでしょうか」「コロナに関しても飛ばされる運命」などと、不安の声も上がっている。

 愛知県では7日未明までに計239人の感染が確認され、緊急事態宣言が出される兵庫、埼玉、福岡各県より多い。死者は計21人と東京都に次ぐ多さだ。大村秀章知事は愛知県内の感染状況について「(1日あたり)20、30、40人と(感染者が)ふき上がっていくと容易ではないとは思うが、今のところはぎりぎり持ちこたえている」との認識だ。緊急事態宣言についても「(対象地域には)事前に国の方からここだという話はもう来ているのだと思います。私どものところには来ておりません」と説明。東京都の小池百合子知事が国に緊急事態宣言を早く出すように求めたことに対し「違和感を持っている」と述べ、宣言の対象地域は国の判断で、自治体はそれぞれが必要なことに取り組むべきだとの姿勢だ。「経済や生活苦を理由にして亡くなる方のほうが多い」として、宣言は経済的影響とのバランスも必要と訴えている。

 名古屋市の河村たかし市長も6日、対象地域でないことについて「名古屋モデルとは言ってくれるなと言われているが、早い時点で感染経路をフォローして、名古屋なりに精いっぱいやってきた。みなさんの協力があってやってこれた」と強調している。(山下奈緒子)