[PR]

 新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言後の鉄道の運行について、赤羽一嘉国土交通相は7日、通常通りのダイヤ運行を鉄道各社に求める考えを示した。間引き運転や終電繰り上げを求めるかどうかを問われ「そうした検討は行っていない」とした。

 赤羽氏は閣議後の会見で「緊急事態においても必要な輸送機能の確保に全力をあげてまいる。鉄道は国民生活、経済活動をささえる重要なインフラだ。基本的には緊急事態においても必要な機能を維持することが法的に求められているものと認識している」と強調した。

 特措法では減便の要請は想定しておらず、鉄道を強制的に止める規定はない。輸送能力の維持を求めるのが、国交省の基本的な立場だ。運行の本数を減らせば乗客の密度が上がって感染リスクが高まる恐れがあることも踏まえるという。

 一方で赤羽氏は「今後の状況次第でさまざまな対応をとることは当然考えられる」とも話した。(高橋尚之)