拡大する写真・図版ピン芸人のベルサイユ=2020年3月30日、大阪市中央区

[PR]

 30歳を前に、ユーチューブで見つけた昭和歌謡にのめり込んだ。八代亜紀、藤圭子、桂銀淑(ケイウンスク)……。「失恋したら、昔の曲の方が刺さる」。そんな往年の歌をオチにする歌謡漫談で、女と男の世界を笑いにしている。

 「おにぎり握ってきてん。はい」「ああ、オレええわ。ひとが握ったおにぎり無理やねん」「ちょっと待ってよ。あんた、この前、寿司(すし)屋のおっさんが握ったお寿司はおいしそうに食べとったやんか!」

 昔のカレとの体験を元にした漫談。もっとも、実際におにぎりを握ってきてくれたのは年上の元カレの方だったそうで、ちょっと複雑だ。

拡大する写真・図版ピン芸人のベルサイユ=2020年3月30日、大阪市中央区

 「あの人と結婚しとったら、人…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら