[PR]

 理化学研究所(神戸市)は7日、高い計算能力があるスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」を使ったシミュレーションで、新型コロナウイルスの治療薬候補探しを行うと発表した。富岳は計算速度で一時、世界一になったスパコン「京(けい)」の後継機で2021年度の本格運用に向けて開発、整備中だが、対策に活用する。

 理研によれば、今回の研究の対象は治療薬や、流行時の人の行動について調べることだ。

 新型コロナウイルスが持つたんぱく質について、分子レベルの動きをシミュレーションし、薬物が作用する対象となるたんぱく質に効果がある治療薬の候補を探す。複数の薬物のたんぱく質への作用も同時に調べられるという。

 現在、すでにある別の病気の治療薬について、新型コロナウイルスへの効果を確認する臨床試験が進められているが、症例数が少なく、試験されている薬剤も数種類にとどまっている。富岳のシミュレーションでは、一気に多数の治療薬候補を探し出すことが期待される。

 また、新しい薬の開発に役立て…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら