[PR]

 香川大学が3日に学部別に分散開催した入学式で、創造工学部が新入生44人に対し、過去14日以内に新型コロナウイルスの感染が拡大している7都府県に滞在していたことを理由に、式への参加を拒否していたことがわかった。

 同大によると、例年の入学式は新入生が講堂に一堂に会するが、今年度は3日午前に学部ごとに各教室などに分散して同時開催した。海外渡航歴や発熱などがある場合を除き、全員の参加を呼びかけ、6学部で計1千人超が参加した。

 創造工学部(新入生330人)では当日、会場の受付で教職員が新入生にどこから来たかを質問。東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫の7都府県に14日以内に滞在歴があるかを基準にし、「ある」と答えた学生にはその場で参加を断ったという。すでに会場に着席していた新入生にも同様の質問をし、滞在歴のある学生には退場を求め、自宅で2週間待機するよう求めたという。

 同大によると、44人は兵庫、大阪、京都、神奈川、千葉の出身者や滞在者で、翌4日に全員に電話して趣旨を説明したとしている。

 同大では1日に参加者を絞らず…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら