[PR]

 緊急事態宣言を受け、保育所や学童は閉まってしまうのか、理容室や美容院はどうなるのか――。子育て世代にとっての関心事について、安倍晋三首相が7日の記者会見で答えた。

 「保育所」や「放課後児童クラブ」について、首相は「規模を縮小して実施するなど、適切に対応する」と述べた。また、理容室や美容院についても「国民の安定的な生活確保」のために必要なサービスだと説明。休業要請の対象外だとの認識を示した。

 ただ、緊急事態宣言の対象となった東京都の対応案では、理髪店は「基本的に休止を要請する施設」とされている。首相は、宣言の根拠である特別措置法担当の西村康稔経済再生相と、小池百合子都知事との間で調整していることを明らかにした。