[PR]

 緊急事態宣言は、福岡などの都市圏に出された。鹿児島との往来はどうなるのか。前例のない事態に街では不安の声が相次いだ。

 7日昼、鹿児島市のJR鹿児島中央駅の新幹線改札口。出水市の会社員の男性(33)は「今後、交通機関に大きな影響が出なければいいが」と気をもむ。勤務先の事務所が福岡市や鹿児島市にあり、新幹線での移動が欠かせない。感染の拡大後は、混雑を避けるため夜遅い列車で帰宅するように心がけている。「電車が止まり、通勤に支障が出るのが不安」という。

 この日午前、同駅東口の高速バスターミナルで鹿児島空港行きの高速バスを待っていた西之原俊夫さん(76)は2日前、南九州市の実家に来た。住んでいる千葉県にも緊急事態宣言が出ると知り、「少しでも早く自宅に戻りたいが、宣言で生活がどこまで変わるのか」と表情を曇らせた。予約した夕方の飛行機より早い便に空きがあればと、足早にバスに乗り込んだ。

 福岡行きなどの高速バスを運行…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら