[PR]

 政府の緊急事態宣言を受け、道は7日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開いた。鈴木知事は宣言期間の5月6日までを、道内でも「集中対策期間」とすると表明。宣言の対象地域から来た人については、2週間は不要不急の外出自粛を求める考えを示した。

 対策期間中は道民に対し、改めて密閉空間や密集場所を避けるなどの取り組みを行うよう呼びかける。また、鈴木知事はやむを得ない事情で対象地域から道内に来る人にも言及し、道民に求めているせきエチケットの徹底などに加え、「2週間は体調に十分ご注意いただき、不要不急の外出を控えていただくようにお願いする」と述べた。

 道内で再び外出自粛などの要請を検討する目安については、新規感染者数が2桁以上の日が連続する、感染経路が不明なケースが多い、などの状況で判断するという。(松尾一郎、武田啓亮)

関連ニュース