「俺、ふんどし締めてるんだ」 うつの自分を変えた熱弁

有料記事

林将生
[PR]

 日本ふんどし協会会長の中川ケイジさん(43)は、兄のコンサルタント会社で働いていた2011年、仕事で結果が出せず悩み、うつ病の診断を受けた。休職直前に取引先を訪ねると、突然社長が言った。「俺、ふんどし締めてるんだ」

 快適で健康にも良く、運気も上がる――。ジーパンを下げて始まった熱弁に苦笑しつつ、「試してみます」と答えた。

 見せてもらったのは越中ふんどしで、お尻丸出しの「Tバック」状態にはならないタイプ。社長の情熱が印象に残り「何かが変わるきっかけに」と、わらにもすがる思いで注文した。

 届くと、履き心地の良さに驚…

この記事は有料記事です。残り348文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。