[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都や大阪府など7都府県を対象に出された緊急事態宣言。伊原木隆太・岡山県知事は7日、「適切な判断だ」と評価したうえで、7都府県など感染が広がっている地域との往来自粛を呼びかけた。

 伊原木知事は宣言のタイミングや対象範囲について、「通勤通学などの実態を踏まえた範囲で適切だ」などと述べた。岡山県を対象区域に入れる必要性については、感染者の感染経路が「ほぼ追えている状態」だとして否定。だが、今後の急速な感染拡大の可能性に触れ、「遠い場所にいるわけではない」とした。

 知事はさらに、感染が拡大する都市部から地方へ向かう「疎開」について、「疎開者が何百人、何千人と出たら、ウイルスをばらまき、日本全体をさらに悪化させる」と指摘。観光目的の来県も含め、「東京や大阪、兵庫からの(ウイルスの)持ち込みを防げるかが岡山県のこれからの数カ月後を左右する。県境を越えての来訪を全く歓迎しない」と述べた。

 同様に、県内から県外への遠出についても、不要不急の場合は控えるよう要請。県外に行った場合は「自分はリスクを負ったと自覚し、極力、人に会わないように」と呼びかけた。

 宣言を受け、企業は対応を検討…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら