トランプ氏、WHOは「中国寄り」非難 拠出金停止検討

新型コロナウイルス

ワシントン=渡辺丘
[PR]

 トランプ米大統領は7日、ホワイトハウスでの記者会見で、世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルスへの対応について、「中国中心だ」と強く非難し、拠出金の停止を検討することを明らかにした。

 これに先立ち、トランプ氏ツイッターにも「WHOは本当にしくじった。多くの拠出金を米国から受けているのに、とても中国中心だ」と投稿。1月に中国から米国への渡航制限を行った際、「我々は幸いにも渡航を認めるべきだとのWHOの助言を拒否した。なぜ、そんな誤った勧告をしたのか」と強く非難し、拠出金の支出を見直す考えを示していた。

 米国などの措置について、WHOのテドロス・アダノム事務局長は「WHOは、人の移動や貿易を制限するよう勧めるものではない。各国には根拠に基づいた判断を求める」などと懸念を示していた。

 米国務省によると、米国はWHOへの拠出金の最大の負担国で、昨年は4億ドル超を支出したという。(ワシントン=渡辺丘)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]