[PR]

 1934年に創刊された月刊の仏教総合雑誌「大法輪」が2020年7月号(6月8日発売)で休刊することになった。雑誌を発行する大法輪閣(東京都渋谷区)が発表した。同社によると、「大法輪」は、特定の宗派にかたよらず仏教を紹介してきた。

 休刊の理由は、部数の減少に加えて、編集担当者が交代したことなどにより、これまでのような雑誌作りが難しくなってきたことが大きいという。季刊化も検討している。大法輪閣は老舗の仏教書専門出版社で、書籍の刊行は継続する。