[PR]

 国際オリンピック委員会(IOC)は7日、2021年7月23日開幕となった東京五輪について、各競技の選考期限を6月29日に設定したと発表した。各国際競技連盟(IF)の判断で、同29日前に区切ることは可能。出場選手登録は21年7月5日で締め切る。

 すでに世界陸連は7日に選考期間を12月1日から再開すると発表し、期限はマラソンと競歩が来年5月31日、他の種目は6月29日としている。

 年齢制限の規定も変更した。上限が設定されている場合は、1年引き上げることを許可。原則23歳以下だったサッカー男子の出場資格は24歳以下となり、今夏同様に1997年1月1日以降生まれの選手が出場できる。3人まで認めている年齢制限のないオーバーエージ枠も維持される。

 逆に設定された年齢規定の下限で出場資格のなかった選手が、21年に資格を得るケースについては、IFに全権を委ねるとした。(ロンドン)