[PR]

 子どものライフジャケットの浮力を不当に表示したとして、東京都は8日、景品表示法に基づき、釣り具販売「ジェネシス」(大阪府東大阪市)に再発防止などを求める措置命令を出したと発表した。

 命令は7日付。都によると、不当表示があったのは2013年4月から販売していた「ジュニア用フローティングベスト」。取り扱い説明書で、国の基準に定められた5キロの鉄片に対し、24時間水中で支える浮力を満たしているかのように表示していた。同社に検査結果を求めたところ、2・8キロしか支えられない商品もあったという。こうした商品は、大手通販サイト「楽天市場」でも売られていた。