[PR]

 ドラッグストアで自分は新型コロナウイルスの感染者だと言って店の業務を妨げたとして、埼玉県警は8日、さいたま市岩槻区の無職の男(54)を威力業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。調べに対し、男は容疑を認め、「店にマスクがなくて頭にきた」と供述しているという。

 岩槻署によると、男は1日午前10時ごろ、同区内のドラッグストアを訪れ、男性店員らに「俺コロナだけど、お前ら全員うつったからな」などと話し、店員らに店内の一部を消毒させるなどして業務を妨害した疑いがある。

 男はすぐに立ち去ったが、防犯カメラの映像などから浮上した。署は男が新型コロナに感染しているかどうかを確認中としているが、症状などはみられないという。