[PR]

 新型コロナウイルス対策で外出自粛の呼びかけが強まる一方で、運動不足の心配も高まる。スポーツ庁は8日、「感染のリスクがない環境での運動は行っても問題ない」との見解を発表した。海外では外出禁止・制限の例外として、どのような環境なら運動していいのか、条件を細かく示している国もある。

 スポーツ庁の鈴木大地長官は8日、記者会見で「家の中にこもりきりだと、メンタルヘルスにも害が及ぶ可能性がある」と危機感を示したうえで、「感染のリスクがない環境での運動、ジョギングのような活動は行っても問題ない」と述べた。安倍晋三首相が7日、緊急事態宣言を行った記者会見で「今まで通り、外に出て散歩をしたり、ジョギングをすることは何ら問題ありません」と説明したのを受けた形だ。

 では、「感染のリスクがない環境」とはどのようなものか。スポーツ庁の担当者は「(密閉、密集、密接の)三つの密を可能な限り避けていただくこと」と説明。運動に関するガイドラインを作る予定は「現時点ではない」としている。

 外出制限が厳しい欧米では、時間や人数を細かく規定している国もある。

 フランスでは自宅から半径1キ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら