[PR]

 新潟市を拠点に活動するアイドルグループNGT48の元メンバーが、ファンから暴行されたとされる問題で、グループ運営会社AKS(1日から「ヴァーナロッサム」に社名変更、東京都)がファンの男性2人を相手に損害賠償などを求めた訴訟が8日、新潟地裁で和解した。原告側によると、他のメンバーが暴行に関与した事実はないことを男性側が認め、和解金を支払うなどの内容で合意したという。

 訴状によると、ファンの男性2人は2018年12月、当時NGTメンバーだった山口真帆さん(24)の自宅に押しかけ、山口さんの顔を手でつかんで押すなどしたとして、暴行容疑で県警に逮捕され、その後、不起訴処分となった。原告側代理人によると、2人は暴行を認めて謝罪し、今後はAKB48グループのイベントに参加しないなどとする内容で和解したという。(谷瞳児)