[PR]

 八坂神社(京都市東山区)は8日、新型コロナウイルス感染の早期終息を願う特別神事「国家安寧祈願 祇園御霊会(ごりょうえ)」を境外末社の又旅社(またたびしゃ)(中京区)で営んだ。

 神職が、キク科の多年草で邪気払いになるとされる「白朮(おけら)」を焚(た)いたり、八坂神社の本殿に湧き出る御神水に榊(さかき)を浸して天地をおはらいしたりする中、森壽雄(ひさお)宮司らが感染の早期終息を祈願した。

 森宮司は「又旅社は祇園御霊会ゆかりの地。速やかに疫病が終息することを祈念した」と話した。

 八坂神社は祇園祭を祭礼に持つ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら