写真・図版

[PR]

 京都大などのチームが、ヒトのiPS細胞から腎臓の組織をつくってマウスに移植し、体内で血管とつなげることに成功したと発表した。腎臓が正常に働かなくなる腎不全に対する再生医療の実現に、一歩近づく成果だ。成果を8日、米科学誌セルリポーツに発表した。

 二つある腎臓は血液を濾過(ろか)して尿をつくり、体内から老廃物を出す役割がある。腎臓には、毛細血管の塊である糸球体と、必要な成分を吸収する尿細管がつながった「ネフロン」という組織が計約200万個あり、濾過された液体は「集合管」を通って尿となる。

 チームは、胎児に腎臓ができる過程を再現して培養することで、ヒトのiPS細胞から、ネフロンになる細胞と、集合管になる細胞をそれぞれつくることに成功。2種類の細胞を合わせると、ネフロンと集合管がつながった組織ができた。

 この組織を、免疫をもたず拒絶…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら