[PR]

 緊急事態宣言の発令を受け、埼玉県内の主な大型商業施設は軒並み、8日から臨時休業に入った。ただ、スーパーや食品フロア、薬局などの一部店舗で通常通り営業する施設が多い。

 越谷市のイオンレイクタウンでは「kaze」「mori」「OUTLET」の専門店がいずれも臨時休業。イオンスタイルなどのスーパーは営業する。最寄りのJR越谷レイクタウン駅前にある入り口のエスカレーターは封鎖され、臨時休業を知らせる案内板が出た。イオンモールはレイクタウンも含む県内7施設で専門店が臨時休業する。

 ららぽーと(新三郷、富士見)やララガーデン(川口・春日部)、ルミネ(大宮・川越)、そごう(大宮・川口)、西武所沢S.C.、コクーンシティ(さいたま新都心)、浦和パルコ、高島屋大宮店、新越谷ヴァリエ、八木橋百貨店(熊谷市)も食品売り場など一部を除き、臨時休業。

 伊勢丹浦和店は食品フロアを含む全店で緊急事態宣言の解除まで休業する。(加藤真太郎)