[PR]

 お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子さん(38)が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。所属事務所が8日発表した。熱やせきはなく、嗅覚(きゅうかく)も戻りつつあり、自宅で療養しているという。

 事務所によると、白鳥さんは3日夜、親しい知人から「新型コロナウイルスの陽性と診断された」と連絡を受け、体温をはかると微熱があった。翌4日に都内の保健所に連絡し、PCR検査の結果、7日に陽性が確認されたという。4日以降は仕事をキャンセルして外出を控えているという。

 白鳥さんは3月下旬、発症前の知人と会っていた。自身も同29日からにおいを感じづらい症状があったが、アレルギー性鼻炎の持病があり、コロナ感染の可能性について判断がつかず仕事は続けていた。相方の川村エミコさん(40)は29日以降に仕事で白鳥さんと会っており、濃厚接触者として現在は自宅待機しているが症状はないという。

 また、NHK「おかあさんといっしょ」の「うたのおにいさん」として活躍した、タレントの速水けんたろうさん(58)も新型コロナウイルスに感染していると所属事務所が発表した。

 速水さんは3日に発熱の症状があり、せきや体の痛みなどの症状が続いたため、6日に近隣の医療機関を受診。胸部X線では異常がなかったものの、PCR検査で陽性であることが判明したという。

 速水さんは現在、症状は安定しており、自宅待機している。受け入れ先の病院が決まり次第、入院するという。速水さんは「また元気になって、歌う姿を必ずお見せしたいと思います」とのコメントを出した。(川村貴大、有近隆史)