[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、政府が緊急事態宣言を出したことを受け、参院自民党は、宣言の対象地域から、それ以外の地域に移動することを自粛するよう求める文書を所属議員に出した。東京・永田町から自らの選挙区に戻って感染が広がる事態を防ぐ狙いがある。

 文書は、参院自民の関口昌一会長と世耕弘成幹事長の連名で、7日付。不要不急の外出に加えて、「特に対象地域から他の地域への移動や夜間の外出」の自粛を求めている。所属議員の地元活動について、参院幹部の一人は「やめるべきだ。私はしばらく帰るつもりはない」と話している。