[PR]

 新型コロナウイルスへの対応をめぐって対立する米国と中国に対し、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は8日の記者会見で「このウイルスを政治問題化しないでほしい」と呼びかけた。トランプ米大統領がWHOを「中国中心だ」と非難し、WHOへの資金拠出の停止を検討するとしたことを受けて記者の質問に答えた。

 トランプ氏は7日の記者会見で「WHOは私が実施した(中国からの)渡航制限を批判した。多くのことで間違っている」などと批判していた。

 これに対し、テドロス氏は「できることはすべてやってきた」としながら、過ちも含めて事後に検証する考えを示した。そのうえで今はウイルスと闘って人命を救うことに集中するときだと強調。冷戦時代に米国とソ連が天然痘撲滅のために手を結んだことを引き合いに「米国と中国は協力をしてこの危険な敵と闘うべきだ」と訴えた。米中に加え世界中の結束も呼びかけ、「正しく行動しなければ、我々の目の前に遺体の袋が増えてゆく」と警告した。

 テドロス氏は、各国の国内政治が政党やイデオロギーなどの違いを超えて結束することも大事だと訴え、「亀裂があれば、ウイルスはそこにつけ込んで入り込む」と述べた。

 WHOへの批判については「W…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら