[PR]

 医療機器大手のテルモ(東京)は人工肺(ECMO〈エクモ〉)の増産態勢に入っている。血液をいったん体外に取り出し、酸素を加えて体内に戻す装置で、新型コロナウイルスに感染した重症患者の治療などに使われる。

日本の集中治療の崩壊「非常に早く訪れる」 学会が声明
国内トップシェアのテルモは生産を倍増させますが、使いこなせる医療従事者の確保が課題になります。

 国内シェア約7割のテルモは中国・武漢での新型コロナウイルスの感染拡大が明らかになってすぐに増産に着手。土日も工場を稼働させ、現在百数十台の年間生産数の倍増をめざす。(山本裕之)