[PR]

 朝日新聞が8日、首相官邸報道室を通じて安倍晋三首相に提出した質問と、首相による回答の全文は以下の通り。7日の記者会見では、「次の日程がある」として会見を打ち切った首相側が、会見で指名を受けなかった記者に対して文書による質問の受け付けを提案していた。

朝日新聞記者の質問

 首相は2月下旬以降、「瀬戸際」という表現を使い、「政治判断」として一斉休校やイベント自粛などを国民に要請されてきました。しかし、7日の記者会見では、「イベントなどの自粛や学校の一斉休校も行ったが、感染者の拡大を防げなかったのは確かにその通りです」と認められていました。首相のとってきた対策の効果が不十分だった理由について、どのように分析されていますか。会見では「最悪の事態になった場合、私は責任を取ればいいというものではありません」とお答えになっていましたが、「政治判断」の責任についてはどのようにお考えか教えて下さい。

首相の回答

 都市部を中心に、感染者の急増が見られるのは事実ですが、これまでの国民の皆様のご協力もあって、我が国では、今のところ諸外国のような爆発的な患者急増は見られてはいません。

 しかしながら、今般、全国的かつ急速な蔓延(まんえん)により、国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼす恐れがある状況に至ったことから、今後の爆発的な患者の急増といった事態を回避するため、緊急事態宣言の発出に至ったものです。

 政治判断の責任は、自分にありますが、命のかかわる最悪の事態に至らないようにするべきであると考えています。