[PR]

 ガソリンスタンドでトイレットペーパーを盗み、従業員を引き倒してけがをさせたとして、福岡県警は9日、福岡市東区千早2丁目、無職佐々木誠容疑者(51)を強盗致傷と建造物侵入の疑いで逮捕し、発表した。「トイレットペーパーを盗んだことは間違いないが、けがをさせていたのは知らない」と容疑を一部否認している。

 南署によると、佐々木容疑者は3月20日午前4時半ごろ、福岡市南区屋形原5丁目のガソリンスタンドのトイレで、トイレットペーパー2ロールとハンドソープを盗み、発見して止めようとしたガソリンスタンドの従業員男性(60)の腕をつかんで引き倒し、鎖骨打撲など2週間のけがを負わせた疑いがある。

 佐々木容疑者がトイレを出た後に男性が中を確認したところ、トイレットペーパーが無くなっていることに気付いたという。(宮坂知樹)