[PR]

 愛知県の大村秀章知事は9日、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象区域入りを政府に求めたことを明らかにした。政府が対象区域に指定すれば、知事は法に基づいて外出自粛要請などを県民に求めることができるようになる。また、10日午後に県独自の緊急事態宣言を出すことも決めた。

 9日午前、大村知事は臨時の記者会見を開き、国に指定を8日に要請したことを明らかにした。また、これとは別に県独自で緊急事態宣言を10日午後に出すことを明らかにした。法に基づく緊急事態宣言と同じ内容だといい、国が指定した7都府県への移動自粛に加え、愛知県内においても不要不急の外出自粛を要請するという。

 愛知県内では7日、8日と続けて、20人以上の感染者を確認。県内の感染者は8日までに計280人に達し、緊急事態宣言の対象区域に選ばれた埼玉県や兵庫県、福岡県を上回る状況となっていた。このため、さらなる感染拡大を防ぐため、対象区域入りして、対策を強化する方針を決めた。

 緊急事態宣言の対象区域となると、知事は、感染拡大防止などのために必要と判断すれば、住民への不要不急の外出の自粛要請や、施設の使用停止、イベントの開催制限の要請・指示など私権の制限を伴う措置をとることができる。