[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)は9日、6月末までの全公演を中止し、トップスターらの退団予定日を変更すると発表した。

 退団予定日が変わるのは、10月11日に予定していた雪組トップスター望海風斗(のぞみふうと)とトップ娘役・真彩希帆(まあやきほ)、来年2月14日の月組トップスター珠城(たまき)りょうとトップ娘役・美園(みその)さくらの4人。今月15日に予定されていた宙組・天瀬(あませ)はつひと5月3日の専科・華形(はながた)ひかるの退団は延期になる。

 また、タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校(同市)は、17日に予定していた108期生40人の入学式の延期を決めた。

 同校によると、阪神・淡路大震災で甚大な被害を受けた1995年にも入学式は行われており、延期は「戦後初めて」という。政府の緊急事態宣言に合わせて5月6日まで臨時休校し、再開時期は今後の状況を見て検討する。(杢田光)