[PR]

それぞれの最終楽章・食でつながる(5)

在宅栄養専門管理栄養士・安田和代さん

 今回は、クリニックの歯科衛生士と連携したケースを紹介します。脳腫瘍(しゅよう)の一種、神経膠腫(こうしゅ)末期の男性Aさん(享年69)です。うちのクリニックでは、口から食べている方も、食べていない方も、「食支援」として関わります。

 2017年7月から訪問するようになりました。きっかけは、奥さんからの「正月に雑煮を食べさせたいので、安全な調理法を教えてほしい」という依頼でした。毎年お雑煮はAさんが家族に作っていたのですが、次の正月はそれが難しそうでした。Aさんが食べやすい雑煮を奥さんが作れるように、調理方法をお伝えしました。

 ところが、お正月が過ぎて間もないころ、症状が悪化し、鼻からチューブで栄養を入れることになりました。その後は意識がぼんやりしていて、食べることは厳しくなりました。そこで私は歯科衛生士の合掌かおり(49)と話し合い、口のケアを中心に関わることにしました。終末期になると、どうしても口の中が汚れて臭うことがあります。口の中をきれいにして、本人の好きな物を口に含ませ、味と香りを楽しんでもらうことにしました。

 うちのクリニックではそのよう…

この記事は有料会員記事です。残り785文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り785文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り785文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら