[PR]

 新型コロナウイルスが広がり、子どもたちも普段とは違う生活を余儀なくされています。いま起きていることを子どもにどれぐらい伝えたらいいのか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。世界では、国のトップが子どもたちに直接伝えようという動きもあります。

拡大する写真・図版番組の中で「ハッピーバースデー」を歌いながら手を洗うしぐさをするカナダのトルドー首相=CBC Kids Newsの画面から

「みんな一緒、乗り切れるよ」カナダ首相

 「こんにちは、首相。僕はムハンマド、来月で11歳になります。僕たちは夏前に学校に戻れると思いますか」

 カナダのテレビ局「CBC」が制作している子ども向けニュース番組「CBCキッズニュース」は4月5日、全国の子どもから寄せられた質問をジャスティン・トルドー首相(48)に直接投げかけるプログラムを放映した(https://www.cbc.ca/kidsnews/post/watch-justin-trudeau-answers-kids-questions-about-the-coronavirus別ウインドウで開きます)。

 質問を募ったところ、1日で約4千件が寄せられたという。6歳の女の子は「ホームレスの人たちはどこに行けばウイルスから身を守れますか?」、北部に住む5歳の男の子は「ここは寒いけど、コロナウイルスはこんなに寒いところでも生き残れますか?」と問いかけた。

 トルドー首相は「学校にいつ戻れるか」との問いには「とても良い質問だね。僕の子どもたちも、いつも聞くんだ」と伝え、こう答えた。

 「正確にいつになるのかは誰に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら