プロ野球の近鉄などで活躍し、大洋(現DeNA)とヤクルトの監督を務めた野球解説者の関根潤三(せきね・じゅんぞう)さんが死去したことが9日、関係者への取材でわかった。93歳だった。

 東京出身。旧制日大三中から法大へ進み、1年からエースとして79試合に登板して東京六大学リーグ歴代5位の通算41勝をあげた。50年にプロ野球の近鉄に入り、投手として通算65勝を挙げた。その後は打者に転向して通算1137安打を放った。オールスター戦に投手と野手の両方で出場した初の選手となり、出場5回のうち、53年は投手として、63年は外野手としてファン投票で選出された。

 65年に巨人へ移籍し、この年限りで引退。広島、巨人のコーチを経て、82~84年に大洋(現DeNA)、87~89年にヤクルトの監督を務めた。監督通算は780試合で331勝408敗41分け。監督としては83年の3位が最高だったが、若手を積極的に起用して選手育成に定評があった。退任後は野球解説者として活躍し、穏やかな語り口が親しまれた。2003年度に野球殿堂入りした。