[PR]

 国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)は9日、新たに30代の男性医師が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。

 男性医師は1日から同病院で勤務。3日に微熱と軽いせきが出て、7日に埼玉県内の診療所を受診。検査を受け、9日に感染が確認された。これまで同病院で感染が確認されていた看護師と医師計5人との接触歴はないという。

 男性医師は3日午前に院内で別の医師が行う内視鏡検査の様子を見学。当時同じ部屋にいた医師5人、看護師1人と、検査を受けた患者3人に今のところ症状はないという。男性医師は同日午後以降、出勤していなかった。

 同病院は現在休止している外来や入院の新規患者の受け付けについては、予定通り14日から再開するとしている。