[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大阪府の吉村洋文知事は9日、医療用マスクと防護服を緊急事態宣言の対象となった大阪府など7都府県に優先して配布するよう政府に要望したと明らかにした。吉村知事は記者団に「ずいぶん前から不足しているが、府内でつくれる訳ではない。不平等と言われるかもしれないが、患者数が多い7都府県を優先してほしい」と話した。

 府にはこれまで、国から3月中旬に100万枚、4月上旬に88万のサージカルマスクが配布されている。だが、新型コロナに対応する医療機関から「マスクはないか」という問い合わせは絶えず、府の備蓄もほぼないという。(多鹿ちなみ)