[PR]

 経済産業省は9日、本省に勤務する30代の男性職員が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。所属部署など詳しい属性は明らかにしていない。

 職員は2日まで通常通りに出勤、3日は在宅勤務をしていた。4日夜に発熱。以降は出勤せずに自宅で療養していた。7日にPCR検査を行い、9日に陽性と判明した。

 経産省によると、この職員は梶山弘志経済産業相と接触していない。濃厚接触者を特定する作業を進めているという。