[PR]

 河井案里参院議員の秘書らが公職選挙法違反(買収)罪で起訴された、昨年7月の参院選の選挙運動にからみ、広島地検は9日、複数の広島県議の事務所などを同法違反容疑で家宅捜索した。地検はこの参院選をめぐり、県議や広島市議らを任意聴取。案里氏の夫の克行衆院議員から現金を渡されたと証言する議員や首長もおり、捜索は票のとりまとめの依頼目的だったかどうかについて解明するためとみられる。

 捜索を受けたのは、案里氏が県議だったころ、同じ自民党系会派に所属していた檜山俊宏県議=広島市安芸区=と渡辺典子県議=同市安佐北区=の事務所など。檜山県議の事務所員は「捜索を受けたのは事実。ノートパソコンも押収され、ごみ箱もさらっていた」としている。現金授受の有無について檜山県議は3日、朝日新聞の取材に答えなかった。また事務所と自宅の捜索を受けた渡辺県議の弁護士は「捜索は事実だが、参院選をめぐって違法な現金は受け取っていない」としている。    

 広島県安芸太田町で9日、町議会臨時会が開かれ、克行氏から現金20万円を受領したと証言した小坂真治町長が同日付で辞職することに議会が同意した。小坂町長は7日に辞意を明らかにしていた。

 臨時会で小坂町長は「いわれの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら